契約内容をよく確認することが大事

情報技術におけるスキル及び経験を有する人が、会社のプロジェクトを遂行させるために、一時的または長期に渡り業務を委託される契約をして働くことを、業務委託と言われています。しかし、法律上でそれを直接定めるものは存在せず、請負契約または委任契約と呼ばれています。民法上で定義されている契約においては、請負または委任に譲渡が追加された形で扱われています。

仕事を希望する人は、プロジェクトの人員募集を行っている会社に、専門サイトを経由して採用面接を受けるなどして、採用される必要があります。主として、フリーランスのソフトウェア開発者及び、大手企業における情報技術管理部門の経験者などが対象となるでしょう。
契約期間はプロジェクトの実施期間となっているのが一般的で、会社の担当者から示された成果物を納期までに収めること、または仕事を遂行することが義務付けられます。請負の場合は、完成された成果物に、委任の場合は請け負う仕事内容を遂行することに対価が支払われます。契約期間中の責任についても、請負と委任で責任の所在や考え方が違っています。

IT分野で扱われる業務委託契約は、会社側と個人など契約者間で自由に決定できる利点がある一方で、多くがフリーランスとの契約であることから、労働時間や報酬額といった面で会社側に左右されやすいという性質もあり、違法に働いていることに気づかないケースがありえるため、契約時によく内容を確認する必要があります。