業務委託契約で発生する問題解決のためには

最近システムエンジニアの契約において業務委託契約もよく見られるが、法的に未整備な部分も多く、問題になることもあります。業務委託契約は、わかりにくい部分も多い契約形態と言え、一方にとって都合のいい契約になってしまわないよう注意が必要です。

だだ、このような曖昧さから違法であると指摘されるケースもあり、そのケースのひとつとして偽装請負の問題があります。偽装請負とは、請負で契約をしながら実態は派遣となっていることを言います。請負は契約時に成果物を取り決め、それを収めることで対価を得ますが、派遣は労働力を提供することで対価を得ます。また、請負は依頼元からの指示は禁止されているのに対し、派遣は指示を受けて働くことになっています。
さらに、この事態から問題になるのにどのようなことがあるかというと、例えばある作業で残業しなければいけない状況が発生した場合、請負は契約内容次第ですが、派遣は決められた残業代が支払われるといった違いが発生します。

請負と派遣は明確に違いがありますが、依頼元にとってみると指示できる方が都合が良く、依頼元と依頼先のパワーバランスや依頼先の契約に関する意識の低さ等、さまざまな要素が絡み合い、特に成果物を取り決めない準委任契約で依頼元に常駐しているようなケースは作業実態の把握も困難である事から、問題に発展してしまうこともあります。
このようにシステムエンジニアの作業は実態と契約形態が一致していない事態に陥ることもあるため、依頼元と依頼先が契約に対する知識を深め、状況や事情にあった契約を取り交わすよう意識を高める事が重要なのです。