詳しく知らないと大変なことになる場合も

ITエンジニアとして働く上では、念頭に置いておくことが欠かせない問題があります。それは、業務委託契約を始めとする、仕事の請負あるいは委任の契約方法についてです。
一般的に見られる、会社に雇われて決められた時間に出勤をして、決められた業務を担当するという働き方をしている人は、通常であれば雇用契約を結んでいることになります。しかし、それとは異なる方法で仕事を発注・受注するということもできます。

その一つが業務委託と呼ばれているやり方です。この場合、発注側となる企業は人を雇う必要はないので、雇用保険などを掛ける必要はありません。一方で受注側となるエンジニアにとっては、請け負った仕事に関する指示を拒否する権利、勤務場所や勤務時間を制限されないといったメリットがあります。
よく見られるケースとしては、発注側がプログラミングなどの成果物の作成を、フリーランスエンジニアなどに依頼する場合です。この業務委託は適切に利用されている場合は、受注側にもメリットが大きいものです。例えば、開発開始後に要件が変わってしまったので追加をしたいという発注側の依頼が行われても、受注側は、大規模な改修になるため、追加の報酬がなければ拒否する権利があるのです。

しかし、起業直後で何がなんでも仕事を請負いたいというフリーランスや、一つ一つの契約内容を吟味し、妥当か考えられる知識や経験がないフリーランスの場合、知らない内に違法な契約を取り交わしてしまっていることがあります。
そういった事態を避け、本来あるはずのメリットや権利を得るためには、業務委託に関する疑問を解消して、慎重に契約することが大切になります。